宇宙への行き方

音楽のある生活っていい。素敵な音楽に出会えますように。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
人の役に立てること―。
今まで自分のことしか考えてなかったからこそ、それが嬉しいんですよね。
他人に乗り移ることが出来る特殊能力を持つ乙坂有宇。
カンニングしたり、気に入らない奴を殴るなどやりたい放題なんですね。
そんな彼が特殊能力を持つ生徒の集まる星ノ海学園に編入するまでが描かれていました。

友利奈緒に強要されての編入となった有宇ですが。
能力を悪用する生徒を捕まえるためだと聞いて編入の意義を感じたんでしょうね。
イタズラやカンニングで自分中心にしか使ってこなかった能力・・・
それをようやく何かの役に立つ形で使うことが出来るんですよね。
学園内という限られた空間内ではあるものの、自身の特殊能力が存在する意味を持つ。
有宇にとっては、自分の存在が認められた瞬間でもあるんだと思います。
カンニングして学年1位を取るくらいしかなかったからこそ、いい方向で能力を使える。
どんな形でも、人の役に立っているって実感はすごく嬉しいものなんですね。

星ノ海学園に編入して自身の役割を認識した有宇の今後が気になるところではあります。
白柳弓との出会いも何らかの影響を与えそうですしね。

・TB送信先
http://tarasite.blog.fc2.com/blog-entry-1247.html












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ryourilike.blog.fc2.com/tb.php/314-c93a425f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。