宇宙への行き方

音楽のある生活っていい。素敵な音楽に出会えますように。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
たまには贅沢するのもいいことだけど・・・
歌詞のメッセージだけじゃなく、圧倒的な演奏技術にも注目して聞いてほしい。
今日はゲスの極み乙女。の「ロマンスがありあまる」をご紹介。
・ロマンスがありあまる(映画「ストレイヤーズ・クロニクル」主題歌)
ピアノの旋律がとにかく圧巻の一言。
イントロはもちろん、間奏までテクニカルに聞かせてくれます。
軽快さも含んだメロディラインは終盤まで聞く者を掴んで離しません。
何と言いますか、美しさと情熱を兼ね備えているんですね。
存在感を持ったベースやドラムとの掛け合いも絶妙。
最初のサビ後やアウトロ前の演奏におけるギターソロも含め、全てが本気。
演奏テクニックで聞き手に訴えかける、ゲスらしい佳曲。

歌詞は贅沢をロマンスに置き換えて表現した比喩的なものになっています。
贅沢もいいことなんですけど、身の丈にあったことをしないと・・・
そうじゃなければ持て余してしまうだけなんですよね。
贅沢をし過ぎていると大変な状況になってしまう、そんなメッセージが込められています。
「いつも贅沢に怯えていたんだ」ってフレーズなんか、特にそれを感じる。
ま、ほどほどに贅沢をしましょうってことなんでしょうね。

にほんブログ村 音楽ブログへ

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015.07.17 00:04  | # [ 編集 ]

>シークレットさん
わざわざコメントありがとうございます。
リンクの件、承知の上です。
こちらからも貼らせていただきました。
またよろしくお願いします。

2015.07.18 23:25 URL | 宇宙ネコ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ryourilike.blog.fc2.com/tb.php/317-8b00cc40

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。