宇宙への行き方

音楽のある生活っていい。素敵な音楽に出会えますように。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
新しさの中に懐かしさが同居した、新たなサカナクションサウンド。
新宝島 豪華初回限定盤(映画「バクマン。」BOX)
サカナクション
ビクターエンタテインメント (2015-09-30)
売り上げランキング: 65
・各曲レビュー

1. 新宝島(映画「バクマン」主題歌)
どこか懐かしさを感じさせるシンセのサウンドが印象的なテクノロック。
曲の持つ疾走感とシンプルな曲構成もあってか、非常にストレート。
サカナらしさと懐かしい空気が絶妙に融合しています。

何より、「このまま君を連れていくよ」と歌い上げたサビにグッと来ますね。
どんなに困難が待ち受けていようとも、決して変わらない気持ちで進み続ける・・・
バクマンの内容に合わせた歌詞でありながらもバンドの決意も同時に描いているのが見事。
疾走感のあるメロディとも上手くマッチしており、聞いていて実に爽快です。
ラストに向けてドラムが若干テンポアップする展開は圧巻。

間奏におけるギターソロなどの演奏といった聞きどころにも注目してほしい。

2.「聞きたかったダンスミュージック、リキッドルームに」
浮遊感のあるキーボードサウンドとドラムのリズムが印象的なディスコナンバー。
ベースラインの紡ぎだすメロディラインやキラキラしたサウンドに心を奪われてしまいました。
タイトル通り、これぞ聞きたかったダンスミュージックと言うべきでしょうか。
自然と踊りだしてしまう魅力がこの曲にはあります。

・総評
懐かしさと新しさを絶妙に融合させ、非常に前向きなテクノロックとなった「新宝島」。
バンドの決意をバクマンの主人公たちの姿に重ねあわせて歌い上げているのが印象的でした。
新たな決意を感じさせたサカナクションの今後にも注目です。

評価:★★★★★
にほんブログ村 音楽ブログへ












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ryourilike.blog.fc2.com/tb.php/358-a435dadb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。